ご祈祷のご案内

ご祈祷のご案内

私たちが入生を営む中でいくつかの節目があります。その節目に行うのが入生のまつりで、出生儀礼に始まり婚姻儀礼を経て葬送儀礼へと続きます。
当社では各種ご祈祷を始め、出張祭典・神前結婚武、神葬祭をご奉仕しております。
詳しくお知りになりたい方は電話でも承っておりまずので、お気軽にお問い合わせください。
子宝に恵まれたことを神様に感謝し、妊娠五ヶ月目の戌(いぬ)の日に着帯のお祝いをします。戌の日が選ばれるのは犬の安産にあやかるためと犬が子供を守る動物であるからともいわれ、妊婦は赤ちゃんが岩のように丈夫に育つようにとの意味で「岩田帯」をしめます。そして母胎の安全と無事に赤ちゃんが生まれることを願い、安産祈願をします。五ヶ月目のよい日、よい時間に腹帯を当社にお持ち下さい。お祓いの後、御札・お守り・撤下品とともにお渡し致します。

赤ちゃんが初めて神社にお詣りして、神様のご加護のもと無事に誕生したことを感謝し、これからも健やかに成長するよう祈ります。
多くの場合、赤ちゃんは母方から贈られた晴れ着を着て夫側のおばあちゃんに抱かれ、両親とともにお詣りします。男子は生後三十一日、女子は生後三十三日目にお詣りするのが一般的です。当社では産婦の体力が回復し始めた頃、または体の抵抗力が少ない赤ちゃんのことですから、あまり日数にこだわらずに温かい日や天候のよい日のご参拝をお勧めしております。

十一月(盛岡では寒さが厳しくなることから十月頃より)に三歳の男女児、五歳の男児、七歳の女児が晴れ着で神社にお詣りし、これまでの無事を神様に感謝し、健やかな成長を祈ります。
七五三は子供の成長段階の区切り、体や精神に変化が表れ病気にかかりやすくなる年に、子供の健やかな成長を祈る儀式として始まりました。三歳の「髪置(かみおき)」、五歳の「袴(はかま)着(ぎ)」、七歳の「帯(おび)解(とき)」の祝いといい、子供の成長を社会的に認知する通過儀礼としての意味もあります。

厄年とは災難が降りかかり易い年のことです。厄年を迎えると神様のご加護をいただいて災厄が身に降りかからないよう、神社にお詣りしてお祓いを受けます。厄年が何事もなく平穏無事に過ごせるよう神様に祈る儀式が厄祓です。
また古くから四十二歳は社会における重要な年回りとされ、地域の神事等で重要な役目を担いました。そのため厄年の「厄」とは神祭りを行う「役」のことであるともいわれます。その役を担うにあたり、飲食や行為を慎み、心身を清浄にするためにご祈祷を受けたのが始まりであると考えられています。
一月初め~二月頃までにお受け頂くのがよろしいでしょう。

大厄年齢表

- 男性(数え年) -
前厄
本厄
後厄
24歳
25歳
26歳
41歳
42歳
43歳
60歳
61歳
62歳
- 女性(数え年) -
前厄
本厄
後厄
18歳
19歳
20歳
32歳
33歳
34歳
36歳
37歳
38歳
注)年齢は数え年です

八方塞がりとは、四方八方より災いが降りかかりやすい年回りのことです。良い方角(恵方)に運気が開け、災禍を祓い、息災と平安を祈るのが八方除け祈願です。

車のお祓いは交通安全を願う心の祈りです。お車のご購入時に限らず、誕生日や運転免許取得日など「車のお祓い日」をご自身で定められ、心新たに安全を祈願されますことをおすすめします。交通安全は、あなたの清らかな祈りから。

地鎮祭(起工式)

地鎮祭は一般的に「じちんさい」といい起工式、工事始めなどの名称を用いる場合もあります。
建物の新築や土木工事の起工の際などに、その土地の神様をまつり、工事の無事進行・完了と土地・建造物が末永く安全堅固であることを祈るお祭りです。

新宅祭(竣工祭)

新宅祭は神殿祭とも称され工事完了時に行われます。建築工事が無事に終わったことに感謝を捧げ、家屋の安全堅固と永遠の繁栄を祈ります。新しい神棚をお祀りし平安を祈る儀式も行います。

家を新築した時以外にも、新しく店を開いた時や事務所開きの時には神棚をおまつりして商売繁盛、社業繁栄を祈ります。

家を新築した時以外にも、新しく店を開いた時や事務所開きの時には神棚をおまつりして家内安全、商売繁盛、社業繁栄を祈ります。詳しいことはお気軽にお問い合わせください。