拝殿結婚式

拝殿結婚式

当社では、祈祷殿など結婚式用の施設ではなく、ご本殿を見晴らす拝殿にて美しく雅やかな神前結婚式を執り行っております。拝殿は一年を通じて様々な神事が執り行われる神聖な場所です。神社拝殿での荘厳な結婚式はご参列の方々の心にも生涯深く刻まれ、感激ひとしおのものがあると、ご好評をいただいております。ご親族、ご友入にご参集いただき、多くの方の祝福のもと神道による厳粛な結婚式を執り行い、お二入の門出をお祝い申し上げます。お二入の大切な儀式を心を込めてご奉仕いたします。

結婚は数ある入生儀礼の中でも、最も晴れやかな節目です。神様のお計らい(ご神縁)によって結ばれた二人が、苦楽をともにして明るく楽しい家庭を築き、子孫の繁栄をはかることを神様の前で誓い合います。
神前結婚式というと、多くの人は三三九度を、女性ならば白無垢・綿帽子・角隠しを思い浮かべることでしょう。神に仕える衣装は、清浄感に満ちあふれた白が使われてきたことから、神様の前で結婚式をあげる時にも、白い衣装が用いられることになったようです。 
 

1.修跋の儀

お二人が神前に着席し、まず始めに新郎新婦、次にご両家の皆様をお清めし、お祝いの婚儀が始まり ます。

2.三献の儀

神職の祝詞奏上後、新郎新婦の三三九度が行われ、夫婦の契りを 結びます。

3.誓詞奏上

誓いの言葉を申し上げ、今後お二 人の末永い幸せを誓います。

4.指輪の儀

新鄭から新婦へ、次に新婦から新郎へ指輸をお渡しし、お互いの変わらぬ気持ちを確かめ合います。

5.玉串奉奠

お二人の生活が幸多く豊かに実りますように、またこれまで育んでくださった全ての人に感謝を申し上げ、これからも神様の見守りをいただきますよう玉串をお供えいたします。

6.親族杯の儀

ご両家の親族固めの杯です。ご両家の皆様がお二人を夫婦と認め、今後親戚として末永いお付き合いとご両家の繁栄を願い、ご神前に お供えしたこ神酒を納めます。